←トップ頁へ

和名 ヤブザクラ
↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓     撮影地:皇居東御苑↑
漢字表記 藪桜
別名・異名
古名
語源 和名は、雑木林等に見られるサクラの意。
属名は、ラテン語のcerasus(=桜樹)から。
種小名は、本種の発見者の一人でもあり、植物分類学者でもあった久内清孝氏への献名。
学名 Cerasus hisauchiana(=Prunus hisauchiana)
英名
仏名
独名 撮影地:多摩森林科学園
伊名
西名
葡名
漢名 桜花
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途
原産地 日本(本州:関東~中部地方)
花言葉 あなたに微笑む
解説 ヤブザクラは、バラ科の落葉樹である。樹高は5m前後程度となる。若芽は開花時には少し伸びる。若枝は無毛。葉は長さ3~7㎝、幅1.5~3.5㎝程度の倒卵形から長楕円状倒披針形で、縁部には欠刻状重鋸歯を持ち、先端部は尾状に尖り、基部は円形~楔形となり、枝に互生する。3~4月頃枝先の葉腋から径3㎝程度で白色~淡紅色の花を散形状に2~3個下垂する。花弁は5個の一重咲き。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考