←トップ頁へ

和名jp ヤブサンザシ
↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影地:小石川植物園↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:小石川植物園↑

↑撮影地:東京都薬用植物園↓
漢字表記 藪山査子
別名・異名
other name
キヒヨドリジョウゴ(木鵯上戸)
キヒヨドリ(木鵯)
カラノキ
古名
old name
撮影地:東京都薬用植物園
語源
etymology
和名は、藪の中に見られ、バラ科のサンザシに似た果実をつけることから。
属名は、デンマーク語ribs(=赤色のスグリ)に由来しているという。
種小名は「束生の、束になった」の意。
学名sn Ribes fasciculatum
英名en Johannisbeere
Jaoanese currant
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 簇花茶藨子
植物分類 スグリ科(←ユキノシタ科)スグリ属
園芸分類 落葉低木
用途use 薬用
原産地
distribution
日本(本州以西)~東アジア
花言葉
解説
description
ヤブサンザシはスグリ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。樹高は1m程度であり、株立ち状となる。概して林縁に見られる樹木である。樹皮は紫褐色で縦に裂け薄く剥がれる。葉は単生で枝に互生する。葉には3㎝前後程度の葉柄があり、有毛。葉の両面共に短毛がある。葉質は薄く、掌状に3~5裂する。葉の長さ・幅共に3~6糎程度で、葉の縁には鈍鋸歯がある。4~5月頃、前年枝の葉腋に黄色で径7㎜前後程度の小花を多数つける。花弁のように見えるのは、実際は萼片であり、花弁は退化して萼の間に見える小さなヘラ状となっている。萼片は外側に反り返る。本種は、雌雄異株であり、雌花にも不稔の雄蕊を5個持つ。花後の出来る果実は径8㎝程度の液果で、10~11月頃に赤熟する。本種の果実は食用には不適である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考