←トップ頁へ

和名 ヤブニッケイ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 薮肉桂
別名・異名 マツウラニッケイ/クスタブ/コガノキ
古名 メカツラ(女桂・女加都良)
語源 藪に見られる肉桂の木の意から。/属名は、ギリシャ語のcinein(=巻く)とamomos(=申し分ない)の合成語で、巻曲する皮の形と芳香をたたえたことからという。/種小名は「日本の」の意。
学名 Cinnamomum japonicum
英名 Wild cinnamon
仏名
独名
伊名 撮影地:熊本県玉名市
西名
葡名
漢名 天竺桂
植物分類 クスノキ科ニッケイ属
園芸分類 常緑高木
用途 屋敷林/防風林/薬用/用材
原産地 日本(福島県以南)/中国南部
花言葉
解説 クスノキに似るが、葉には香りがあり、枝に対生する。新枝の葉腋から散形花序を出す。花期は6~7月。花色は淡黄色で、小花。果実はクスノキより大きくて楕円形。11~12月に黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『播磨風土記』、『大和風土記』
古典2 『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 278 「椰子」
9 104 「崖」
14 310 「颱風一過」
16 259 「照葉野薔薇」
17 16 「目玉風船」
17 37 「雪餅草」
17 116 「上陸」
18 121 「馴化園」
22 340 「編笠茸」
22 402 「帰還」
24 78 「塀の穴」
24 115 「酔芙蓉」