←トップ頁へ

和名jp ワサビノキ
撮影者:フィリピン在住 斎藤 央様↑  
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:星薬科大学薬草園
漢字表記 山葵木
別名・異名
other name
マルンガイ(タガログ語名)
マルム(タイ語名)
古名old name 撮影地:フィリピン・ディゴス市
語源
etymology
和名は、根にワサビのような辛味を持つ樹木であることから。
属名は原産地であるインドのタミル語のmurunggai並びにマラヤーラム語のmuringaを語源としている。
種小名は「油を有する」の意。
学名sn Moringa oleifera
英名en Moringa
Benzolive tree
West indian ben
Drumstick tree
Horseradish tree
仏名fr Moringa
独名de Moringa Baum
伊名it Moringa
西名es Moringa
葡名pt Moringa
漢名ch 辣木
泰名th มะรุม 
植物分類 ワサビノキ科ワサビノキ属
園芸分類 落葉高木
用途use 食用(若葉・花・若莢)/ゴム原料(樹皮)/採油(精密機械用油・油絵の具用油:種子)/ワサビの代用(根)/薬用(根・葉・種子)
原産地
distribution
インド
花言葉
解説
description
ワサビノキは、ワサビノキ科の落葉樹である。樹高は10m程度に。幹は直立し、樹皮はコルク質で白みを帯びた緑色。葉は全体では50㎝前後となる1~3回羽状複葉であり、小葉は楕円形で枝に対生する。葉姿は、遠目にはニセアカシア等のマメ科の植物のようにも見える。春場に葉の展開より早く枝先の葉腋に円錐花序を出し、白色~黄白色の花を多数つける。花後の果実は長い円柱状で最大で60㎝程度となり下垂する。この果実の形状から、英名ではDrumstick treeの異名を持っている。
履歴 原産地はインドであるが、世界の熱帯から亜熱帯地域で盛んに栽培されている。特にアフリカ各地で大量に栽培されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考