←トップ頁へ

和名 ツルグミ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影地:小石川植物園
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 
漢字表記 蔓茱萸
別名・異名
古名
語源 和名は、枝が蔓状であることから。/属名は、ギリシャ語のelaia(=オリーブ)とagnos(=セイヨウニンジンボク)の合成語で、前者に似た果実と後者に似た白っぽい葉を持つことから。/種小名は「無毛の」の意。
学名 Elaeagnus glabra Thumb.
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 三月黄子
植物分類 グミ科グミ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/盆栽
原産地 日本(本州以西)
花言葉
解説 本州の山地に自生が見られる。樹高1.5~2㍍程度。葉はやや厚く皮質に近い紙質。秋の終わり頃に2、3個の白い小花が垂れ下がって開花する。果実は初夏に赤く熟する。形状は長楕円形で、表面に銀褐色の鱗片が見られる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
12 84 「冬の庭」