←トップ頁へ

和名 ツクバウグイスカクラ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 筑波鶯神楽
別名・異名
古名
語源 和名は、筑波山に自生するウグイスカグラの意。/属名は、16世紀ドイツの採集家A.ロニツアーの名に因んでいる。/種小名は「細い柄のある」の意。/変種名は「筑波の」
学名 Lonicera tenuipes var. tukubana
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 スイカズラ科スイカズラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/食用(実)
原産地 日本(茨城県筑波山:固有種)
花言葉
解説 ツクバウグイスカグラは、スイカズラ科の落葉低木である。樹高は1.5~3m程度に。葉は対生で、長楕円形か卵状楕円形、長さ2~4㎝、幅1~2㎝程度、腺毛が密生する。4~6月頃、新枝の上部葉腋から白色で漏斗状筒型花を下垂する。花冠は5裂する。花後の果実は楕円形で橙赤色に熟す。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考