←トップ頁へ

検索名  トウサツキ(唐皐月)
和名 トウヤマツツジ
撮影者:千葉県三浦久美子様↑ 
撮影地:小石川植物園

↑撮影者:東京都 山口米子様↓
漢字表記 唐山躑躅
別名・異名 トウサツキ(唐皐月)
タイワンヤマツツジ(台湾山躑躅)シナヤマツツジ(支那山躑躅)
古名
語源 和名は、中国産のヤマツツジの意。/属名は、ギリシャ語のrhodon(=バラ)とdendron(=樹木)の合成語で「赤い花をつける木」の意。/種小名は19世紀イギリスの植物学者Dr. John Simsへの献名。
学名 Rhododendron simsii
英名 Formosa Azalea
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 杜鹃花、唐鹃花
植物分類 ツツジ科ツツジ属
園芸分類 半常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(奄美大島以南)/台湾/中国中南部
花言葉   
解説 トウヤマツツジは、ツツジ科の半常緑樹である。樹高は1~2m程度。春葉と夏葉の区別があり、春葉の長さは2~5㎝、幅は0.7~2㎝程度で、楕円形もしくは狭楕円形、先は短く尖る。夏葉はやや革質の倒卵状楕円形もしくは長楕円形となる。3~5月頃に枝先に2,3個の花を見せる。花冠は朱色もしくは紅紫色。上側内面に濃色の斑点がみられる。花径は3~4㎝程度。 
履歴
県花・国花 鹿児島県:大和村花
古典1
古典2
季語
備考