←トップ頁へ

和名 トウグミ
↑撮影GKZ/群馬県立緑化センター↓

下3図撮影者:千葉県 三浦久美子様

漢字表記 唐胡頽
別名・異名 唐胡頽(カラグミ)
古名
語源 和名のグミとは本来グイミであり、グイとは刺のことであり、ミは実である。「唐」文字が見られるのは、これを渡来植物と考えたからであろう。/属名は、ギリシャ語のelaia(=オリーブ)とagnos(=セイヨウニンジンボク)の合成語で、前者に似た果実と後者に似た葉を持つの意。/種小名は「多数花の」の意。/変種名は「庭園栽培の」の意。
学名 Elaeagnus multiflora var. hortensis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名 撮影地:皇居東御苑
漢名
植物分類 グミ科グミ属
園芸分類 落葉小高木
用途 食用(生食・果実酒)/庭木/盆栽/薬用
原産地 日本(北海道南部~日本海側)
花言葉 楽しい会話、用心深い
   撮影地:千葉県東庄町・西福院
解説 トウグミは、ナツグミの変種である。グミにしては珍しく刺が無く、実が大きいので、庭木や家庭果樹として栽培される事が多い。特に果実の大きい物を「ビックリグミ」と呼んでいる。葉の表面には、星状毛がある。果実は長さ3㎝前後で、7月頃紅熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   撮影地:皇居東御苑
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
17 37 「雪餅草」