←トップ頁へ

和名 トリマリウム・レディフォリウム
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名の語源不詳。/種小名は「イソツツジ属のような葉の」の意。
学名 Trymalium ledifolium
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 スターリングレンジ国立公園
葡名
漢名
植物分類 クロウメモドキ科トリマリウム属
園芸分類 常緑低木
用途
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 トリマリウム・レディフォリウムはクロウメモドキ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸西部のインド洋に面した沿岸部の岩礫質な砂壌地で、丘の上等に自生の見られる灌木である。樹高は0.3~2.5m程度となる。葉は狭楕円形であるが、縁部が外方に反曲するために、遠目には線状にも見えてしまう。葉の縁部は全縁、先端部は刺状突起となり、茎に互生する。原産地のオーストラリアでは、6~10月頃茎上部並びに枝先に円錐花序を出し、白色~クリーム色の小花を多数つける。花は筒状花で、花冠は5裂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考