←トップ頁へ

検索名  トキワモクレン   
↑群馬県・館林市・尾曳引神社にて↓
撮影地:皇居・東御苑↓

↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:新宿御苑↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:神代植物公園↑  
和名jp タイサンボク
漢字表記 泰山木
別名・異名
other name
トキワモクレン(常盤木蓮)
古名old name 撮影:GKZ→
語源
etymology
和名は、樹木全体の姿を泰山になぞらえたものとか。
属名は17世紀フランス人植物学者Pierre Magnolの名に因んでいる。
種小名は「大きい花の」の意。
学名sn Magnolia grandiflora Linn.
英名en Southern magnolia
Bull bay
仏名fr Magnolia
Magnolier
独名de Magnolie
伊名it Magnolia
西名es Magnolia
Magmolia común,
葡名pt magnólia
magnólia-branca
Magnolia-de-flores-grandes
漢名ch 洋玉蘭
植物分類 モクレン科モクレン属
園芸分類 常緑高木
用途use 庭木/公園樹
原産地
distribution
北アメリカ中南部
花言葉 壮麗
   
解説
description
タイサンボクは、モクレン科の常緑樹である。樹高は20㍍を越えることも珍しくない。ホオノキ等の仲間であるだけに花姿も良く類似している。5~7月頃に枝の先端に白色で強い芳香を有する花を見せる。カップ状の花の直径は15㎝前後程度にも。花弁は通常6枚。雄蕊・雌蘂は数多い。袋果は、円柱状広楕円形で長さは10㎝前後にまでなる。9~10月になると実が熟して裂けて中から赤い種子を出す。
履歴 北米原産のこの泰山木は1873(明治6)に渡来し、現在では東北地方南部以西の本州、四国、九州、沖縄にまで植えられている。
県花・国花  アメリカ
ミシシッピー州花
ルイジアナ州花

福岡県
:直方市木
徳島県:羽ノ浦町木 
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 108 「崖」
20 110 「廣州賓館」