←トップ頁へ

和名 トキワガキ
漢字表記 常磐柿
別名・異名 トキワマメガキ(常磐豆柿)、クロガキ(黒柿)、ヤマガキ(山柿)、タイワンマメガキ(台湾豆柿)
古名
語源 和名は、本種が常緑樹であることから。/属名は、ギリシャ語のDios(=神)とpyros(=穀物)の合成語で、「神の食物」の意となる。つまり、果実が美味であることを讃えた命名。/種小名は、「採集家モリスの」の意。
学名 Diospyros morrisiana
英名 Morris's persimon
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 羅浮柿
植物分類 カキノキ科カキノキ属
園芸分類 落葉低木
用途 盆栽/用材(床柱・器具材等)
原産地 日本(本州:伊豆半島以西・四国九州・沖縄)/中国、台湾
花言葉
解説 トキワガキはカキノキ科の常緑樹である。雌雄異株。樹高は10m程度に。幹は古くなると黒色を帯び、材も黒色となることから、加えて質も硬い事などから、我が国では床柱等に珍重されている。長さ0.5~1㎝程度の葉柄を持った葉は長さ5~10㎝、幅2~3㎝程度の長楕円形で枝に互生する。葉質は幾分革質で、全縁、先端部は鋭頭となり、基部は楔形となる。5~6月頃、今年枝の葉腋に淡黄色から白色で鐘形の花を下向きにつける。花冠は4裂する。花後の果実は径15~20㎜程度の扁球形で、秋に黄色~暗褐色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考