←トップ頁へ

検索名  トゲヨウラク(刺瓔珞) 
撮影者:東京都  中村利治様↑ 
撮影者:千葉県三浦久美子様↓ 
 
和名 キバナヨウラク
漢字表記 黄花瓔珞
別名・異名 キバナヨウラクカズラ(黄花瓔珞蔓)
トゲヨウラク(刺瓔珞)
グメリナ・ヒストリックス
ソーン・メーオ(タイの現地名)
古名 新宿御苑にて
語源 和名は、黄花であり、花序の形状が仏具に用いる瓔珞に似ていることから。/属名は、ドイツの自然科学者Johann Georg Gmelinの名に因んでいる。/種小名は「刺毛のある」の意。
学名 Gmelina hystrix(=Gmelina philippensis)
英名 bristly bush beech
仏名
独名
伊名 撮影地:大船植物園
西名
葡名
漢名 菲律賓石梓・黄球花・龍蝦花
泰名  ซองแมว 
植物分類 クマツヅラ科キバナヨウラク属
園芸分類 常緑小高木
用途 路地植え/鉢植え(盆栽)/薬用
原産地 ミャンマー、タイ、マレー半島、フィリピン
花言葉
解説 キバナヨウラクは、ツマツヅラ科の常緑樹である。半蔓性の樹木であり、樹高は5~6m程度で、枝は下垂する。若枝は有毛で、小枝には刺がある。葉は楕円形~長楕円形で、長さ5~9㎝、幅3~4.5㎝程度、長さ2㎝前後の葉柄を持ち、葉質は幾分革質である。葉は全縁で、枝に対生する。枝先に長さ10~15㎝の総状花序を下垂し、長期間にわたって開花を見せる。花冠は黄色で、下面状の筒状花で、長さは5~6㎝程度。花冠の先端は4裂する。
履歴 我が国への渡来時期不詳
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※漢名に見られる「石梓」とはキバナヨウラク属に対する中国における表記である。