←トップ頁へ

検索名 チョウセンザクロ
和名 ヒメザクロ
漢字表記 姫石榴
別名・異名 チョウセンザクロ/イッサイザクロ/プニカ/ハナザクロ
古名
語源 和名は矮性種のため。/属名はラテン語のpunics(=カルタゴの)を語源としている。ザクロをカルタゴ産と見ていたことによると言う。/種小名は「粒状の」の意。/変種名は「小さい、低い」の意。
学名 Punica granatum L. var. nana Pers.
英名 Dwarf pomegranate
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名
葡名
漢名 安石榴/突尼斯石榴
植物分類 ミソハギ科ザクロ属
園芸分類 落葉低木
用途 鉢植え/盆栽
原産地 園芸作出品種
花言葉 円熟した優美/子孫の守護
解説 古代よりザクロは果実を主にして栽培されたが、近世以降花を観賞するためにも栽培されるようになったが、ヒメザクロなどもその典型である。ヒメザクロは、ザクロから選抜された矮性品種である。樹高は60~120㎝程度。
履歴 ヒメザクロは中国で鉢植え用として作出されたものである。わが国へは江戸時代に渡来している
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
8 134 「花と門灯」