←トップ頁へ

和名 テウチグルミ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
 
          撮影地:千葉県加曽利貝塚公園↑        
漢字表記 手打胡桃
別名・異名 カシグルミ(菓子胡桃)
古名 撮影地:東京都薬用植物園→
語源 和名は、本種の堅果は手で容易に割ることが出来ることから。/属名は、ラテン語のJovis glans(=ジュピターの堅果)の意。その味が美味のため。/種小名は「王者の風格のある、超一流の」の意。/変種名は「東方の」の意。
学名 Juglans regia var. orientis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クルミ科クルミ属
園芸分類 落葉高木
用途 食用
原産地 園芸作出品種(?)
花言葉 知性/謀略
解説 テウチグルミはクルミ科の落葉樹である。本種は、ペルシャグルミ(Juglans regia)から作出された園芸品種のようである。(?)樹高は10~20m程度となる。樹皮は暗褐色で、表面は平滑~縦に割れ筋が入る。葉は10~40㎝程度の奇数羽状複葉で枝に互生する。、小葉は長さ7~12㎝、楕円形で1~4対つく。小葉は、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖る。4~5月頃、ほぼ葉の典型と同時に前年枝の葉腋から長さ10~15㎝程度の雄花序を下垂し、雌花序は頂芽から穂状花序を直立させ、黄緑色の花柱を見せる。花後には径4~5㎝程度でほぼ球形の堅果をつけ、10月頃に灰褐色に熟す。堅果は手で容易に割ることが出来る。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考