←トップ頁へ

和名 テトラシーカヒルスタ
漢字表記
別名・異名 テトラテカ・ヒルスタ
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のtetra(=4)とtheca(=葯室)の合成語から。/種小名は「剛毛のある、多毛の」の意。
学名 Tetratheca hirsuta
英名 Black-eyed Susan 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ジョン・フォレスト国立公園
葡名
漢名
植物分類 ホルトノキ科(←トレマンドラ科)テトラテカ属
園芸分類 常緑低木
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア西部
花言葉
解説 テトラシーカ・ヒルスタは、ホルトノキ科(←トレマンドラ科)の常緑樹である。本種は西オーストラリア州の州都パースを中心にインド洋に面した沿海地の砂壌地に自生の見られる灌木である。樹高は1m程度までとなる。茎も葉も学名に示されるように細毛で覆われている。葉は長さ0.5~1.5㎝程度の楕円形で、茎に互生する。原産地のオーストラリアでは7~12月頃、茎上部の葉腋から長い花柄を伸ばし、径2㎝程度で桃紫色の5弁花をつける。花の中央部が濃紫色になることから、原産地ではBlack-eyed Susanと呼ばれている。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考