←トップ頁へ

和名jp テンジクメギ  
漢字表記 天竺目木  
別名・異名
etymology
テンガイメギ  
古名old name  
語源
etymology
和名は、外来のメギの意から。※
属名は、アラビア語でのメギの名から。
種小名は「帯白色の、白粉で覆われた」の意。 
学名sn Berberis pruinosa
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
英名en Pruinosa Barberry
仏名fr
独名de
伊名it  撮影地:富山中央植物園
西名es
葡名pt
漢名ch 粉葉小檗
大黄連棘
石妹棘
植物分類 メギ科メギ属
園芸分類 常緑低木
用途use 薬用  
原産地
distribution
中国(貴州省・四川省・雲南省)・チベット 
花言葉  
解説
description
テンジクメギは、メギ科の常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地で、標高1800~4000m級こうちの森林地帯に自生する樹種である。樹高は1~2m程度となる。枝には縦に稜があり、葉腋には葉が変化した鋭い刺を3~5個持つ。葉は、長さ2~6㎝、幅1~2.5㎝程度の楕円形で、縁部には刺状突起を持つ。葉は革質で、表面には光沢がある。葉は枝に互生する。3~4月頃、枝先の葉腋に径1~2㎝程度で黄花の6弁花を散形状につける。花後には径6㎜程度で楕円状の果実をつける。果実は白色に結実し、やがて青熟する。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 ※「天竺」とは、日本及び中国では、本来「インド」に対する古称であったが、西洋人渡来以降は、接頭語として用い「外国」・「遠隔地」・「舶来」・「外来」の意敏江t用いるようになっている。