←トップ頁へ

検索名 ティノスポラ・クリスパ
撮影者:東京都 山口米子様
 撮影地:星薬科大学薬草園
和名 イボツヅラフジ
漢字表記 疣葛藤
別名・異名 ティノスポラ・クリスパ
ボーラペット(タイ語名)
古名
語源 和名は蔓に疣状突起を持つツヅラフジの意。
属名の語源不詳。(調査中)
種小名は「縮れた、皺のある」の意。
学名 Tinospora crispa
英名 Patawali
Akar Patawali
Liane-quinine
仏名
独名 
伊名
西名
葡名
漢名 緑包藤、波葉青牛胆
泰名  บอระเพ็ด 
植物分類 ツヅラフジ科ティノスポラ属
園芸分類 蔓性落葉高木
用途 薬用(根・蔓・葉・花)
原産地 中国・印度・東南アジア
花言葉
解説 イボツヅラフジはツヅラフジ科の蔓性落葉樹である。雌雄異株。蔓長は15m程度に及ぶ。蔓は円筒形で、和名に示されるように疣状の突起がある。葉は長さ7~14㎝程度の心形で、縁部は全縁、先端部は尾状に尖り、基部では葉柄に連なり蔓に互生する。1~3月頃、落葉した蔓に総状花序を出し、淡緑色の花を多数つける。雄花は3弁、雄蕊6個、雌花は雌蕊が3個となる。花後には黄色の長さ1㎝程度で楕円状の果実をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考