←トップ頁へ

検索名  テイカヅタ   撮影:GKZ/岐阜県下呂町↑
下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様


撮影地:千葉県佐倉市
和名 テイカカズラ
漢字表記 定家葛
別名・異名 チョウジカズラ/テイカヅタ
古名 マサキ・マサキカズラ
語源 和名は、定家の墓にまとう葛の意で、謡曲『定家』に由来しているという。/属名はtracheros(=頭)とsperma(=種子)の合成語だが、意味不詳。/種小名は「アジアの」の意。
学名 Trachelospermum asiaticum
英名 yellow star jasmine
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 日本絡石
植物分類 キョウチクトウ科テイカカズラ属
園芸分類 蔓性常緑木本
用途 路地植え生け垣/パーゴラ/鉢植え(盆栽)/薬用(茎・葉)
原産地 日本(秋田県以南の本州・四国・九州)/朝鮮半島/台湾
花言葉

優雅

解説 テイカカズラは、キョウチクトウ科の蔓性常緑樹である。葉は長楕円形で、長さ3~6㎝程度で、対生する。葉は革質で光沢がある。5~6月頃に白色で巴形の径2㎝前後の花を見せる。花には芳香がある。
履歴
県花・国花
古典1 『近松浄瑠璃集』
古典2 『本草和名』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考