←トップ頁へ

和名 デュランタ・エレクタ・アルバ
漢字表記
別名・異名 デュランタ・レペンス・アルバ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ローマ法王の侍医でもあり植物学者でもあったC.ドゥランテスに因んでいる。/種小名は「直立した」の意。/品種名は「白色の」の意。
学名 Duranta erecta 'Alba'(=Duranta repens 'Alba')
英名 White sky flower
仏名 Vanllier de Cayenne
独名 Taubebeere
伊名 撮影地:夢の島熱帯植物館
西名 Tala blanca
葡名 Duranta-branca
漢名 白花仮連翹
植物分類 クマツヅラ科ハリマツリ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/生け垣
原産地 西印度諸島
花言葉 あなたを見守る、歓迎 撮影者:東京都 中村利治様
解説 デュランタ・エレクタ・アルバは、クマツヅラ科の常緑低木である。本種は、我が国の園芸界で「タイワンレンギョウ」の名で流通している種の白花種である。枝は4角形で、匍匐し、下垂する。葉は卵状楕円形で、上半分に鋸歯を持つ。葉の長さは2~5㎝程度。7~9月頃に、白色の花を見せる。花径は1㎝前後。花後に黄色の果実を見せ、長く枝にとどまる。
履歴
県花・国花   
古典1
古典2
季語
備考