←トップ頁へ

和名 デイオーン・スピヌロスム
漢字表記
別名・異名 ジャアント・ディオーン
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のdis(=2)とoon(=卵)の合成語からで種子が二つ対になっていることからと言う。/種小名は「小針のある小刺のある」の意。
学名 Dioon spinulosum  撮影者:東京都 中村利治様
英名 Giant dioon,Gum palm   撮影地:新宿御苑
仏名  
独名
伊名
西名 Dioon spinulosum
葡名
漢名 双子鉄
植物分類 ザミア科(←ソテツ科)ディオーン属
園芸分類 常緑高木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 メキシコ
花言葉
解説 ディオーン・スピヌロスムはザミア科(←ソテツ科)の常緑樹である。樹高は5~15m程度に。世界最大のソテツと言われている。葉は羽状で葉身の長さは150~200㎝程度で、葉には光沢があり、葉色が鮮緑色であることから、近年我が国の園芸界でも英名からのジャイアント・ディオーン名で流通を見ている。小葉は扁平な線形で葉身全体に120~240個がつく。小葉の先端は刺状に尖る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考