←トップ頁へ

和名 タラヨウ
↑群馬県:おうら創造の森にて↓
撮影:GKZ
漢字表記 多羅葉
別名・異名
古名
語源 和名は、葉面に傷つけると傷跡が黒くなり、文字を書くことが出来るので、葉面に写経した多羅樹に擬したものという。/属名は、セイヨウヒイラギのラテン古名から。/種小名は「広葉の」の意。
学名 Ilex latifolia Thumb.
英名 Lusterleaf Holly
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 大葉冬靑
植物分類 モチノキ属モチノキ属
園芸分類 常緑高木       ↑撮影者:東京都 山口米子様↓
用途 庭木/庭園樹(寺院・神社)/用材(細工物)/茶の代用(葉)
原産地 日本(本州・四国・九州)/中国
花言葉
解説 タラヨウは、モチノキ科の常緑樹である。樹高は、15mにも達する。葉は長楕円形で、長さは12~20㎝程度で、表面には光沢がある。4~5月頃に、短黄緑色の小花を見せる。花後には秋に果実が赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 撮影地:富山県・金太郎温泉
季語
備考