←トップ頁へ

和名jp タラノキ
↑群馬県館林市にて↓

神奈川県箱根町にて↓


漢字表記 楤木
別名・異名
other name
ウドモドキ
キウド
古名
old name
たらのき(太良乃木)
語源
etymology
和名については不詳。
属名はカナダ名aralieから。
種小名は「背の高い」の意。
学名sn Aralia elata
英名en Aralie
angelicaTree
Hercule's Club
Devil's Walking Stick
仏名fr Aralie
Angelique de Chine
独名de Aralie
Japanische Aralie
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 遼東楤木
植物分類 ウコギ科タラノキ属
園芸分類 落葉低木
用途use 食用(若芽・根・葉)/用材細工物・下駄)/薬用(樹皮)
原産地
distribution
日本/アジア大陸東北部/サハリン
花言葉
解説
description
タラノキは、ウコギ科の落葉樹である。樹高は6m前後に。あまり分枝せず、幹に鋭い刺を見せる。葉は枝の先に集まってつき葉柄や葉軸にも刺がある。8~9月に大きな円錐花序を作り、白色の小花を見せる。果実は黒熟し、径3㎜前後。
履歴 既に奈良時代からタラノキは高級な野菜扱いを受けていたという。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考