←トップ頁へ

和名jp タニウツギ
撮影:GKZ/群馬県館林市・植栽品↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:尾瀬国立公園↑ 

撮影者:東京都 山口米子様↓

↑撮影地:秋田駒ヶ岳笹森山登山道↓



撮影地:神代植物公園↓
漢字表記 谷空木
別名・異名
other name
ベニウツギ(紅空木)
古名old name
語源
etymology
和名は、谷間に自生が見られることから。空木とは、枝の中が空洞になっていることから。
属名はドイツの科学者C・E・フォン・ウェイゲルの名に因んでいる。
種小名は「庭園栽培の」の意。
学名sn Weigela hortensis K. Koch.
英名en Japanese weigela
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 撮影地:谷川連峰天神山→
植物分類 スイカズラ科タニウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 庭木/公園樹/盆栽/生け花用花材
原産地
distribution
日本
花言葉 豊麗
解説
description
タニウツギはスイカズラ科の落葉樹である。樹高3~4㍍程度に成長する落葉樹で谷間に群落が見られる。葉は対生し、表面は無毛だが、裏面には白色の毛が密生する。5~6月頃、小枝の先端に紅色または淡紅色の漏斗型の花を見せる。果実は円柱形で、10~11月頃に褐色に熟し、裂けて中から翼のある種子を出す。
履歴
県花・国花
古典1
古名2 『本草和名』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 106 「ミニ気象」
17 253 「止まり木」
19 151 「含笑花」