←トップ頁へ

和名jp タムシバ
↑撮影地:長野県飯山市↓

撮影者:長野県 松永ひろし様

↑撮影地:長野県白馬村↓

撮影:GKZ/日光植物園↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:日光植物園
漢字表記 ※語源欄参照
別名・異名
other name
ニオイコブシ
カムシバ
サトウシバ
古名old name
語源
etymology
和名は、カムシバ(噛柴)からの転訛と言われている。この葉を噛むと甘い味がすることからと言う。
属名は、フランスの植物学者P.マグノルの名に因んでいる。
種小名は「ヤナギ属のような葉の」の意。
学名sn Magnolia salicifolia maxim.
英名en Willow-leafed magnolia
Anise Magnolia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 モクレン科モクレン属
園芸分類 落葉小高木
用途use 庭木/薬用(蕾)
原産地
dsitribution
日本
花言葉 友情
解説
description
タムシバは、モクレン科の落葉樹である。樹高は10m程度となる。葉は、披針形から卵状披針形で、長さ6~12㎝程度、裏面は粉白色で、葉を切ると芳香を放つ。花は、コブシによくにているが、花の時期に花柄の下に葉が見えない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考