←トップ頁へ

和名jp タイワンツクバネウツギ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
  撮影地:小石川植物園↑
漢字表記 台湾衝羽根空木
別名・異名
other name
古名
old name
撮影地:筑波実験植物園→
語源
etymology
名は、産地名から。
属名はイギリスの医師、Dr.Clark Abelへの献名。
種小名は「中国の」の意。
学名sn Abelia chinensis var. ionandra
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 臺灣糯米條
植物分類 スイカズラ科ツクバネウツギ属
園芸分類 半落葉性常緑木本
用途use 鉢植え/路地植え(暖地)
原産地 日本(琉球諸島)/台湾
花言葉 謙譲
解説 タイワンツクバネウツギは、スイカズラ科の半落葉性の常緑樹である。樹高は1〜2m程度。幹は直立し良く分枝する。葉は0.7〜2p程度の楕円形で枝に対生する。8〜9月頃、枝先に白色漏斗形の花を多数つける。花冠は5裂し、萼片は5個。花後には、ピンク色を帯びた萼片が残る。痩果は細長い紡錘形。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧TA類(CR)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考