←トップ頁へ

検索名  タイワンサルスベリ(台湾百日紅) 
撮影:GKZ/群馬県立つつじが岡公園↑
撮影地:国営沖縄記念公園↓ 

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:京都府立植物園↑

撮影地:神代植物公園↑
 
和名 シマサルスベリ
漢字表記 島百日紅
別名・異名 タイワンサルスベリ(台湾百日紅)
古名
語源 和名のシマは沖縄諸島を示している。つまり、和名は、産地名から。別名も同様。
属名はリンネの友人でスェーデンのMagnus von Lagerstroemの名に因んでいる。
種小名は「やや主脈ある」の意。
学名 Lagerstroemia subcostata
英名 Chinese crape myrtle
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名  南紫薇 
植物分類  ミソハギ科サルスベリ属 
園芸分類 落葉高木
用途 庭木/公園樹/街路樹
原産地 屋久島から台湾に至る南西諸島
花言葉 雄弁/雄弁
解説 シマサルスベリは、ミソハギ科の落葉樹である。樹高は5~10m程度。7~9月頃に枝の先端に白色の小花が円錐花序状に群がって開花する。樹皮は褐色で、白味を帯びた縦縞が美しいので、庭園樹や公園樹として用いられている。比較的耐寒性が強いので本州でも各地の公園等で見かけられる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
 下欄撮影者:東京都 山口米子様/撮影地:神代植物公園↓