←トップ頁へ

和名jp タブノキ
撮影地:国立科学博物館附属自然教育園↑

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

↑撮影地:筑波実験植物園↓

漢字表記
別名・異名
other name
イヌグス
古名
old name
ツママ(都万麻)
 撮影者:東京都 中村利治様→
語源
etymology
和名は、一説には、朝鮮語の「船」の方言「トンベ」が日本に伝わり、それが転訛してタブとなったとも言われている。
属名はインドネシアの現地語makilanのラテン語化から。
種小名は「ツンベルクの」の意。
学名sn Machilus thunbergii
   (=Persea thunbergii)
英名en Tabu-no-ki Tree
仏名fr
独名de
伊名it 撮影者:東京都 山口米子様→
西名es 撮影地:皇居東御苑
葡名pt
漢名ch
紅楠
植物分類 クスノキ科タブノキ属
園芸分類 常緑高木
用途use 船材/家具・器具材/線香の粘結剤/染料/公園樹/防風樹/防潮樹
原産地distribution 日本(本州以南)/朝鮮半島/中国/フィリピン
花言葉 撮影地:千葉市→
解説
description
常緑高木で樹高は15~25㍍程度にまで成長する。葉は互生し、全縁で艶がある。5~6月頃に黄緑色の小花を見せる。7月頃球形の液果が熟し、黒紫色になる。葉と樹皮に含まれる粘質物は線香の粘結剤として用い られる。また、樹皮は八丈島の黄八丈の染料として用いられる。
履歴
県花・国花 滋賀県:湖北町木
愛知県:小牧市木
石川県:七尾市木
新潟県:粟島浦村木
宮城県:南三陸町木
岩手県:釜石市木
古典1 『万葉集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』 
季語
備考
  八丈島のタブノキ群落↓/撮影:GKZ
 撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
タブノキの板根
撮影地:鎌倉・光則寺
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 262 「冬葵」
5 18 「八十八夜」
7 96 「隠れ蓑」
9 104 「崖」
10 186 「かんかん石」
11 43 「熱界雷」
14 310 「颱風一過」
16 259 「照葉野薔薇」
17 37 「雪餅草」
17 116 「上陸」
18 121 「馴化園」
22 340 「編笠茸」
23 182 「時鳥の唄」
24 115 「酔芙蓉」
24 122 「獣」