←トップ頁へ

和名 タベブイア・ロゼオアルバ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ブラジルでの現地語名を語源としている。/種小名は「白いバラのような」の意。
学名 Tabebuia roseoalba
英名 White ipe
仏名
独名  撮影者:東京都 中村利治様 
伊名
撮影地:タイ・バンコク ルンピニー公園
 
西名 Ipe branco
葡名 Ipê-branco,Pau d'arco,Ipê do cerrado
漢名 白花風鈴木,白玫瑰鐘木
植物分類 ノウゼンカズラ科タブベイア属
園芸分類 落葉高木
用途 公園樹/街路樹(暖地)/用材/招蜂樹
原産地 ブラジル・パラグアイ・アルゼンチン
花言葉   
解説 タベブイア・ロゼオアルバは、ノウゼンカズラ科の落葉樹である。樹高は10~20m程度となる。葉は3出複葉で、小葉は長さ6~11㎝程度の狭楕円形で革質で、表面には光沢がある。葉の縁部は全縁であるが緩やかに波を打ち、先端部は尖り、基部は、長い葉柄に連なり枝に対生する。原産地の南米では10~8月頃、枝先に円錐花序を出し、長さ5~7.5㎝程度の筒状花を多数つける。花冠は5裂し、花冠内側には黄色い条線模様が入る。花後には長さ10~15㎝程度の莢状果をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考