←トップ頁へ

和名 ダケカンバ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

撮影:GKZ/奥日光↓
漢字表記 岳樺
別名・異名 ソウシカンバ(草紙樺)/アカカンバ(赤樺)
古名 撮影地:尾瀬国立公園→
語源 和名は、高山に生えているカバノキの意。/属名はケルト語のbetu(=カバノキ)を語源とするラテン古名から。/種小名は採集家「エルマンの」の意。
学名 Betula ermanii Cham.
英名 Gold birch
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 岳樺
植物分類 カバノキ科カバノキ属
園芸分類 常緑低木
用途 用材(フローリング材等)/採油/染料(樹皮)薬用/燃料
原産地 日本
花言葉 撮影地:長野県・栂池自然園→
解説 ダケカンバはカバノキ科の落葉樹である。シラカバに似ていがて、ともに葉形は広卵形であるが、葉脈がシラカバの場合6~8対であるのに対してダケカンバの場合は7~12対と多い。垂直分布の面でも、シラカバは低地から丘陵地に見られる。次いで、ウダイカンバが海抜400~500m程度となる。ダケカンバは1,500m程度まで自生が見られる。まさに名前の通りである。樹皮は緋色がかった白色である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考