←トップ頁へ

検索名  スタンゲリア・エリオプス   
和名 オオバシダソテツ
漢字表記 大葉羊歯蘇鉄
別名・異名 スタンゲリア・エリオプス
古名
語源 和名は、大きな羊歯状の葉を持つソテツの仲間の意から。/属名は、南アフリカの測量を行ったドイツ人Dr.Max Stanger博士への献名。彼が、本種をイギリスに送っている。/種小名は「柔毛に覆われた足」の意。
学名 Stangeria eriopus
英名 Stanger's cycad,
Natal grass cycad
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 大葉羊歯鳳尾蕉
植物分類 スタンゲリア科スタンゲリア属
園芸分類 常緑低木
用途  鉢植え  撮影者:東京都 中村利治様
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 オオバシダソテツはスタンゲリア科の常緑樹である。雌雄異株。幹は半地中生で、樹高は30㎝程度。肥大した大根塊を持つ。この根茎は地下で分枝をし、10個程度に別れ、それぞれの頂部から1個の葉を出す。葉は長さ30~200㎝程度の羽状葉で、小葉は長さ8~40㎝程度の披心形で、披粒には鋸歯がある。若葉は、学名に示されるように柔毛に覆われる。本種は、非常に生長が遅いと言われている。およそ5~7年で、円筒形の雄花序、雌花序をつけ、カブトムシ等の昆虫が媒介して受粉をする。所謂虫媒花であり、そのために、昆虫を誘引するための異臭を放つ。種子は長さ2~3㎝程度で赤色となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。本種は、ワシントン条約で商取引を禁止されている。
県花・国花
古典1  
古典2  
季語  
備考