←トップ頁へ

和名 ススキノキ
↑オーストラリア・パース郊外のジョン・フォレスト・ナショナル・パークにて/撮影:GKZ
撮影者:大阪府 藤井 勝様↓

撮影地:咲くやこの花館↑
漢字表記 薄木
別名・異名 グラス・ツリー
ブラックボーイ
古名 山火事の跡に復活したグラスツリー→
語源 和名は、葉姿だけを見ると、ススキの株のようにも見えることから。/別名は、英名から。/属名は、ギリシャ語のxanthos(=黄色)とrhero(=流れる)の合成語からで、本属の樹木から黄色いゴム状の樹脂を得られることから。/種小名は「南方の」の意。
学名 Xanthorrhoea australis
英名 Austral Grass tree,Black boy
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 澳洲蓬草樹
植物分類 ススキノキ科ススキノキ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え(温室栽培)
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ススキノキは、オーストラリアの乾燥した原生林に見られる常緑低木である。樹高は2m程度まで。非常に成長の遅い植物である。オーストラリアの原生林は、とかく山火事が多いものであるが、山火事にも耐えて生き続ける植物の一種でもある。葉はとても堅く、幅4㎜前後であり、長さは60~100㎝程度。花茎はとても長く1m程度に。花は、白緑色で穂状花序に無数の花を密生させる。穂状花序の長さそのものも1m前後になる。グラス・ツリーは茎に傷をつけると黄色い樹脂がが出て、ゴム状となる。現地では、それをグラスツリー・ガムと呼んでいる。
 下3図撮影者:千葉県 三浦久美子様
 撮影地:新宿御苑  撮影地:筑波実験植物園  撮影地:新宿御苑