←トップ頁へ

和名 スピリディウム・グロブロスム  
漢字表記 卵木  
別名・異名 バスケット・ブッシュ  
古名  
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語で「籠」の意。/種小名は「とっても小さな篭」の意。
学名   Spyridium globulosum 
英名 Basket bush,Buckthorn
仏名
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 クロウメモドキ科スピリディウム属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え
原産地 オーストラリア
花言葉 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
解説 スピリディウム・グロブロスムはクロウメモドキ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア西部~南部にかけての沿海地に出来た砂丘上に自生の見られる低木である。樹高は0.5~5m程度。幹は途中で良く分枝をするが、若枝には白色の星状毛が密生する。葉は長さ6㎝程度、幅3㎝程度の楕円状で、縁部は全縁、先端部は円頭で、枝に互生する。葉の表面には光沢があるが、裏面には灰白色の細毛が密生する。6~11月頃、枝先に集散花序を出し、白色~クリーム色の小花を多数付ける。花は5個の萼片と等しく5個の花弁とを持ち、花弁は非常に小さく、萼片が花弁に覆い被さるようにつく。萼片の外側並びに花柄には灰白色の細毛が密生する。花後には蒴果を付けるが、内部は3分割されており、3個の種子を内包する。本種の花の周囲にある白色の脂肪分をアリが好み集めるために、種子が持ち運ばれ散乱し、繁殖するという。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考