←トップ頁へ

和名 スカエヴォラ・クラッシフォリア
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のscaevola(=左利き)を語源としている。開花時の花姿が、掌を広げているように見えることから。/種小名は「厚葉の」の意。
学名 Scaevola crassifolia
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Cushion fanflower,
Thick-laved han-flower,
Thick-leaved Scaevola
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ロットネス島
葡名
漢名
植物分類 クサトベラ科クサトベラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え(グランドカヴァー)/鉢植え(ハンギング・ポット)/防潮樹
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 スカエヴォラ・クラッシフォリアは、クサトベラ科の落葉樹である。本種は、概してオーストラリア西部~南西部のインド洋に面した沿岸地帯で、石灰岩質の崖や砂丘、平原等に自生する灌木である。茎葉、直立~斜上し、樹高は10~150㎝程度となる。葉は、厚味のある長さ5㎝程度の楕円形で、縁部には細かい鋸歯があり、表面には粘着性がある。本種の葉は、潮風で飛ばされた塩の結晶や砂粒に十分に耐えられるように厚味を持っている。原産地のオーストラリアでは12~2月頃、葉腋に径1.3㎝程度で青色~白色の花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考