←トップ頁へ

和名 スカエヴォラ・カネスケンス
漢字表記
別名・異名 グレイ・スカエヴォラ
古名 撮影地:オーストラリア・パース
キングス・パーク
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のscaevola(=左利き)を語源としている。開花時の花姿が、掌を広げているように見えることから。/種小名は「灰白色の」の意。
学名 Scaevola canescens 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Grey Scaevola
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ムーア・リヴァー国立公園
葡名
漢名
植物分類 クサトベラ科クサトベラ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 スカエヴォラ・カネスケンスは、クサトベラ科の常緑樹である。本種は、概してオーストラリア西部のインド洋に面した沿岸地帯に自生の見られる灌木である。茎は地を這うように斜上し、草丈は10~50㎝程度に。葉は、長楕円形で、茎に互生する。若枝、葉の両面、花弁等には白色の長細毛が密生する。したがって、葉色は灰白色となる。そこで、原産地ではGrey Scaevolaと呼ばれている。5~10月頃、葉腋に扇を開いたような花弁の並び方を見せる花をつける。花冠は、5裂している。花色は、幾分桃色を帯びた白地に青紫色の筋模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考