←トップ頁へ

和名 ソトオリヒメ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 衣通姫
別名・異名
古名
語源 和名は、ソメイヨシノからの実生により生まれたと推測され、『日本書紀』に登場する美女「衣通姫」の名が本種に命名されている。/属名はラテン語のcerasus(=桜樹)から。/種小名は「江戸の」の意。
学名 Cerasus ×yedoensis 'Sotorihime'(=Prunus ×yedoensis 'Sotorihime')
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:小石川植物園
西名  
葡名
漢名
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭木/公園・街路樹/鉢植え/盆栽
原産地 園芸品種
花言葉 純潔/淡泊/精神美
解説 ソトオリヒメはバラ科の落葉樹である。樹高は10~15m程度となる。葉は長さ8~10㎝、幅4~5㎝の卵形~長楕円形で、縁部は粗い重鋸歯があり、先端部は鋭尖形、基部は円形で、枝に互生する。4月上旬~中旬頃、枝先の葉腋から散房状に3~4個の花を下垂する。花柄の長さは1.5㎝程度で、花色は淡紅色で、花弁の長さは2㎝程度。本種は、良く結実する。 
履歴 伊豆大島の都立大島公園でソメイヨシノの実生から生じた品種で、ソメイヨシノとオオシマザクラとの自然交雑によって生じたものと推測されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 春(サクラ)  
備考