←トップ頁へ

検索名  ソンバーダーン
↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:神代公園温室↑

撮影地:神代植物公園↑  
和名jp モクセンナ
漢字表記 木旃那
別名・異名
another name
カッシア・スラッテンシス
イリタマゴノキ(炒り卵の木)
ソンバーダーン(タイ語名)
古名old name タイ・サムイ地区にて→
語源
etymorogy
和名は、「木本の旃那」の意で、「旃那」とは、マメ科カワラケツメイ属の薬用植物であり、学名(senna=ラテン語)である。
属名は、アラビア語で「刺のある木」を語源としている。
種小名はタイ国のSurat Thani県の名に因んでいる。
      新宿御苑にて→
学名se Senna surattensis(=Cassia surattensis)
英名en Scrambled egg tree
Glaucous Cassia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 黄槐
泰名 th ทรงบาดาล
植物分類 マメ科センナ属
園芸分類 落葉小高木
用途use 路地植え(暖地)薬用
原産地
distribution
熱帯アジア/オーストラリア
花言葉 美しい娘
解説
description
モクセンナはマメ科の落葉樹である。鹿児島県・宮崎県等の暖地では庭木として見られるが、熱帯アジア産の渡来植物である。樹高は3~5m程度。葉は偶数羽状複葉で、小葉は卵形~楕円形である。花は黄色で光沢を持ち美しい。原産地での開花期は秋である。葉の裏面は粉白緑色である。
履歴 明治初年に我が国に渡来。
県花・国花
古典1
古典2
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
12 84 「冬の庭」
24 48、50 「金鎖」