和名 ソゴウコウノキ 現在写真はありません。
お持ちの方、是非ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
漢字表記 蘇合香木
別名・異名
語源 和名は、この木の樹脂から蘇合香という香料を得ることから。/属名はラテン語の liquidus (=流動物or液体)とアラビア語の anbar(ambar:琥珀))の合成語である。/種小名は「東方の」の意。
学名 Liquidambar orientalis
英名 Oriental sweet gum
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 蘇合香
植物分類 マンサク科フウ属
園芸分類 落葉低木
用途 薬用/香料/精油/観葉植物(鉢植え)
原産地 小アジア
花言葉
解説 ソゴウコウノキは、マンサク科の落葉樹である。古来よりこの木の樹脂から「蘇合香」という香料が得られるので珍重されてきた。葉姿はモミジバフウに良く似ている。近年我が国の園芸界では観葉植物として鉢物が流通している。
履歴 わが国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
7 202 「ロドスの蝶」