←トップ頁へ

和名 シロヤブツバキ  撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:小石川植物園
漢字表記 白藪椿
別名・異名
古名
語源 和名は、白色の花を見せるヤブツバキの意から。
属名は17世紀チェコスロバキアの宣教師で、マニラに在住し東洋の植物を採集したことで知られるJ・カメルスの名に因んでいる。
種小名は「日本の」の意。
品種名は「白花の」の意。
学名 Camelia japonica f. leucantha
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/鉢植え/生花材料/油料/木炭
原産地 日本(四国・九州)
花言葉 申し分のない魅力
解説 シロヤブツバキはツバキ科の常緑樹である。樹高は5~10m程度となる。樹皮は灰白色を帯び、若枝は無毛。葉は、革質で、長さ5~12㎝、幅3~7㎝程度の卵形~楕円形で枝に互生する。2~4月頃、枝先の葉腋に径5~8㎝程度で、白色の5弁花をつける。雄蕊の下半部は合着して円筒状となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 春(ツバキ)
備考