←トップ頁へ

検索名 シロレンギョウ(白連翹) 
和名 ウチワノキ
漢字表記 団扇木
別名・異名 シロレンギョウ(白連翹)
古名
語源 和名は、蒴果は扁平な円形で、周りが翼状になり、これが団扇の形に似ているところからの命名。/属名の「アベリアに似た葉の」の意。/種小名は「2列性」の意。
学名 Abeliophyllum distichum
英名 Korean fortanesia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名  朝鮮連翹、白連翹
植物分類 モクセイ科ウチワノキ属
園芸分類  落葉低木 撮影者:東京都 中村利治様 
用途     撮影地:小石川植物園
原産地 朝鮮半島北部     
花言葉 未来への思い
解説 ウチワノキは、モクセイ科の落葉樹である。樹高は1~2m程度。葉は、長さ2~5㎝程度の長卵形で、全縁、鋭頭で、枝に対生する。葉は幾分捩れた様子を見せる。葉の表面には光沢がある。3~4月頃、葉の展開前に、蕾時には淡紅色で、開花すると白色の4弁花をつける。花の中央部は黄色となる。蒴果は扁平な円形で、周りが翼状になり、これが団扇の形に似ているとが和名の由来となっている。本種は雌雄異株である。
履歴 大正8年(1919年)に韓国中北部で発見されている。我が国へは昭和初期に導入されている。我が国では、昭和13年(1939年)に小石川植物園で初めて開花している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考