←トップ頁へ

和名 シロバナヤエウツギ  撮影者:東京都 中村利治様  撮影地:小石川植物園
漢字表記 白花八重空木
別名・異名
古名
語源 和名は、花色と咲き方とから。/属名は、ツュンベリーの後援者であったオランダのJ.ヴァン・デル・デューツに捧げられた名である。/種小名は、「円鋸歯状の」の意。/品種名は「非常に白い」の意。
学名 Deutzia crenata f. candidissima
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 白重瓣溲疏
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)ウツギ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え(土地の境界線のメルクマール)/生け垣
原産地 日本/中国  
花言葉
解説 シロバナヤエウツギギは、アジサイ科(←ユキノシタ科)の落葉樹である。樹高は草丈は、1~1.5m程度。葉は長さ3~5㎝程度の狭卵形で茎に対生する。葉には短い葉柄が伴い、縁部は規則的な鋸歯を持ち、先端部は尖る。5~6月頃、枝先に円錐花序を出し、白花八重咲きの花を多数つける。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考