←トップ頁へ

検索名  シロバナツクバネカズラ(白花衝羽根蔓)
和名 シロバナヤモメカズラ
漢字表記 白花寡婦蔓
別名・異名 ペトレア・ウォルビリス・アルビフローラ
シロバナツクバネカズラ(白花衝羽根蔓)
シロバナペトレア(白花ペトレア)
古名
撮影地:とちぎ花センター
 
語源 和名は、開花後に萼が長く残る様子を寡婦にたとえたものとか。/属名は、18世紀イギリスの植物蒐集家Lord Petreへの献名。/種小名は「捩れた、絡みつく」の意。/品種名は「白花の」の意。
学名 Petrea volubilis 'Albiflora'
英名 White Queen's Wreath vine
White sandpaper vine
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 クマツヅラ科ヤモメカズラ(ペトレア)属
園芸分類 蔓性常緑樹
用途 路地植え(ヘッジ・パーゴラ)/鉢植え(ハンギング・ポット)
原産地 メキシコ、中央アメリカ
花言葉
解説 シロバナヤモメカズラはクマツヅラ科の蔓性常緑樹である。本種は、青紫色の花を見せるヤモメカズラからの白花品種である。蔓の長さは10mを超える程であると言う。葉は楕円形で、基部は幾分狭まり、全縁、尖端は尖る。英名にSandpaper Vineとあるが、葉の表面はざらつきがある。茎の尖端に30~50㎝程度の総状花序をつけ、白色の花をつける。一見して花弁のように見えるのは萼片であり、実際の花は萼片に囲まれた中央部の小花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考