←トップ頁へ

和名jp シライヤナギ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:東北大学植物園
漢字表記 白井柳
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は発見者名に因んでいる。(履歴欄参照)
属名はケルト語のsal(=近い)とlis(=水)に由来したラテン古名。
種小名は明治期の植物学者白井光太郎教授への献名。
学名sn Salix shiraii
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ヤナギ科ヤナギ属
園芸分類 落葉高木
用途use 薪(たきぎ)、生け垣、食用(若葉・花)
原産地
distribution
日本(本州:東北南部~関東北部~長野県):日本固有種
花言葉
解説
description
シライヤナギはヤナギ科の落葉樹である。本種は原産地の項に記した地の山岳地帯で、概して崖地の岩場に自生の見られる樹種である。河原の礫地や湿り気の多い原野等に自生の見られる樹種である。樹高は0.5~1m程度となり、上部で密に分枝をする。葉は、長さ4.5~8㎝、幅2~4㎝程度の卵形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部では短い葉柄に連なり、枝に互生する。本種の場合、下部の葉は、基部が浅い心形となり、縁部では著しい鋭鋸歯を見せる。5月頃、開花し、葉腋から、雄花序は長さ2.5~3.5㎝程度の狭円錐形、雄蕊は2個、雌花序は長さ2.5~5㎝程度の花穂を出す。雌雄異株。
履歴 本種は、明治28年(1895)に、日光・馬返(うまがえし)で、白井光太郎教授により発見されている。その後植物学者の武田久吉氏により「シライヤナギ」と命名されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考