←トップ頁へ

和名jp シラビソ
撮影:GKZ/日光植物園にて↑

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:大石峠
漢字表記 白檜曽
別名・異名
another name
シラベ
ウラジロ
古名old name
語源
etymology
和名については、諸説あり。①ヒノキの細材を意味する古語ヒソ(檜楚)に由来しているという説。②ヒノキの代用とされ、樹皮が白味を帯びていることからと言う説。葉の裏面が白いので「白檜」が語源とする説等々。
属名モミ属の一種のラテン古名からとも言われるが、別には「高い」、「上がる」の意とも言われている。
種小名は「イギリスの園芸家ヴェーチェの」の意。
学名sn Abies veitchii Lindl.
英名en Veitch's silver fir
仏名fr
独名de
伊名it 栃木県佐野市
西名es 三毳山ハーブ園にて→
葡名pt
漢名ch
植物分類 マツ科モミ属
園芸分類 常緑高木
用途use 用材/薪材/製紙原料/庭園樹/公園樹/クリスマス・ツリー
原産地
distribution
日本(福島県吾妻連峰~近畿地方・大峰山)※
花言葉 高尚、時、昇進
解説
description
シラビソはマツ科の常緑樹である。本種は、ウラジロモミよりもさらに標高の高い地域1500~2500mの亜高山帯に自生する。あまり降雪には強くなく、本州の太平洋側にはシラビソが、日本海側の豪雪地帯にはオオシラビソが自生することとなる。葉は枝上に二列に並び、形状は扁平な線形、長さは2~3㎝程度。葉の裏面には白い気孔線が見られる。樹皮は灰白色で滑らかである。本種は雌雄異株、雌雄異花で、6月頃、梢の先に集中して花をつける。雄花は小枝の先に集まり、雌花は暗赤色で直立する。球果は円柱形で、暗青紫色に熟す。一見して、オオシラビソの球果と色形共に似ているが、オオシラビソの球果は先端が尖っているに対して、本種の場合は先端が丸みを帯びている。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考 ※四国にはシコクシラビソが見られる。