←トップ頁へ

検索名 シンフォリカルポス
和名 セッコウボク
漢字表記 雪晃木
別名・異名 シラタマヒョウタンボク/シンフォリカルポス
古名
語源 和名は、白く輝く実をつけることから。/属名は「集合果実を有する」の意。/種小名は「白色の」の意。
学名 Symphoricarpos albus
英名 Snowberry,Waxberry
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名
植物分類 スイカズラ科セッコウボク属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え/切り枝
原産地 北米
花言葉 いつまでも献身的に
解説 セッコウボクはスイカズラ科の落葉樹である。樹高は1.5から2m程度で、株立ち状となる。7~8月頃に淡桃色の小花(花径1㎝程度)を葉腋に開花するが鑑賞に値するほどではない。9~12月頃、写真に見られるような白色の実が多数見られることとなる。実は長い期間枝状に残る。実の大きさは1~1.5㎝程度。葉は長さ5㎝程度の楕円形で枝に対生する。本種の仲間で赤実種のシンフォリカルポス・オルビキュラトゥスも園芸界では流通している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考