←トップ頁へ

和名 シナニッケイ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 支那肉桂
別名・異名 トンキンニッケイ(東京肉桂)
ケイヒ(桂皮)
古名
語源 和名は、中国産のニッケイの意から。/属名は、ギリシャ語のcinein(=巻く)とamomos(=申し分ない)の合成語で、巻き上がった葉の形状と芳香を讃えているとか。/種小名は本種に対してディオスコリデスが用いたギリシャ名Kasiaを語源としている。
学名 Cinnamomum cassia
英名 Cassia
Chinese cinnamon
Vietnamese cinanmon
仏名 Cannelier de Chine
独名
伊名 撮影地:東京都薬用植物園
西名
葡名
漢名 肉桂
植物分類 クスノキ科ニッケイ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭木(暖地)/薬用/香料
原産地 台湾・中国・印度・インドネシア・ラオス・マレーシア・タイ・ヴェトナム
花言葉 純潔/清浄
解説 シナニッケイは、クスノキ科の常緑樹である。樹高は10m程度となる。葉は革質の楕円形で長さ25〜30p程度、幅10p程度となる。葉の縁部は全縁、先端部は尖り、基部では長さ1.2〜2p程度の葉柄に連なり、枝に対生する。葉の上面には光沢があり、3本の葉脈が目立つ。5〜6月頃、枝先の葉腋から円錐花序を出し、径10o程度の6弁花をつける。花後には長さ1p程度の果実をつけ、翌年3月頃に黒紫色に熟す。本種の樹皮には強い芳香がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考