←トップ頁へ

和名 シナフェア・ヒアンス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のsynaphe(=結合)を語源としている。蕊の先端部の様子を示しているという。/種小名は「口を開けた」の意。
学名 Synaphea hians
英名
仏名
独名 撮影地:西オーストラリア州
伊名 ボヤジン・ロック国立公園
西名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
葡名   
漢名
植物分類 ヤマモガシ科シナフェア属
園芸分類 常緑低木
用途
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 シナフェア・ヒアンスはヤマモガシ科の常緑樹である。本種は、オーストラリア大陸沿海地の砂壌地に自生の見られる灌木である。茎は直立~斜上し、茎の周囲は白色の細毛に覆われ、樹高は15~60㎝程度となる。葉は根出し、長さ10~15㎝程度の平滑な平板状で、先端部では幾分幅広となる。葉の先端部は多角形状となり、それぞれの先端部位には刺状突起がつく。9~11月頃、枝先の葉腋から穂状花序を出し、黄色い小花を多数付ける。花は筒状花で、花冠は3裂する。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考