←トップ頁へ

和名 シモツケ
撮影:GKZ/拙庭にて↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:長野県清里高原↑
       撮影地:長野県入笠山↑
漢字表記 下野
別名・異名 キシモツケ(木下野)
古名
語源 和名は、最初に栃木県で発見されたからとも。
別名のキシモツケ(木下野)は、草本植物のシモツケソウ(下野草)と区別する意味から。
属名は、ギリシャ語のspeira(=螺旋、輪)に由来している。
種小名は「日本の」の意。
学名 Spiraea japonica L. fil.
英名 Spirea
Maybush
Garland Flower
Bridal Wreath
仏名
独名
伊名 拙庭にて
西名
葡名
漢名 繍線菊/粉花繍綫菊
植物分類 バラ科シモツケ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭植え/染料
原産地 日本
花言葉 無益
解説 シモツケは、バラ科の落葉樹である。山地の原野等に自生し、6月頃淡紅色の小花(径5㎜前後程度・5弁花)の集まりを見せる。樹高は1㍍内外である。葉は、長さ5~8㎝程度の長楕円形または広卵形で、縁には鋸歯があり,先端は鋭頭、枝に互生する。葉の裏面は粉白色で、無毛。どれが主幹か判別できぬほどの株立ち状態になる。花弁は5枚。
履歴
県花・国花 和歌山県:粉河町花(キシモツケ)
古典1 枕草子』、『近松浄瑠璃集』
古典2 和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
16 186 「藤袴」