←トップ頁へ

和名 シマグワ
漢字表記 島桑
別名・異名
古名
語源 和名は、栽培種ではなく、野山に見られるクワの意。/属名のMorusはクワに対するラテン古名である。語源は、ケルト語のmor(=黒)に由来している。実が熟すと黒紫色になることから。/種小名は「南方系の」の意。
学名 Morus australis Poir.
英名 Unryu Mulberry /Korean Mulberry 沖縄県備瀬地区にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 鶏桑/小桑樹
植物分類 クワ科クワ属
園芸分類 落葉低木
用途 食用(若葉・果実=ジャム・果実酒)
原産地 日本/中国/インドシナ半島/インド/ヒマラヤ地方
花言葉
解説 シマグワは、クワ科の落葉樹である。樹高は3~10m程度。葉は若葉のうちは上の写真のように細かく裂けるが、成木になると卵形になる。したがって1本の木に様々な葉形が見られることがある。雌雄異株であるがまれに同株の場合もある。花期は4~5月頃で尾状の花序を伸ばす。集合花は紫黒色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 246 「木耳」