←トップ頁へ

検索名 シダレザクラ(枝垂れ桜)
和名 イトザクラ
漢字表記 糸桜
別名・異名 シダレザクラ(枝垂れ桜)
古名
語源 和名は、枝が糸のように細く、長く垂れ下がることから。/属名はラテン語のcerasus(=桜樹)を語源としている。/種小名は「下垂した」の意。
学名 Cerasus pendula f. pendula(=Prunus pendula f. pendula)
英名 rose bud cherry  群馬県館林市・茂林寺境内にて↑
仏名
独名
伊名 東大付属日光植物園にて→
西名
葡名
漢名 垂枝大葉早樱
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹
原産地 日本
花言葉 優美、ごまかし
解説 エドヒガンザクラの枝垂れ性品種である。樹高は10m程度に。樹皮は、エドヒガンと同様に著しく縦裂する。若枝には毛が見られる。葉は長楕円状披針形で、先端部は鋭頭、縁には重鋸歯と単鋸歯とが入り混じる。3月下旬頃、葉腋から散形状に2~4個の花をつける。
履歴  花は一重と八重とがある。すだれのように花をつけて垂れ下がる風情が好まれて、既に平安時代頃より庭園に植栽されてきた。
県花・国花
古典1 『芭蕉句集』 東京大学付属日光植物園にて↑
古典2  
季語  
備考 群馬県立つつじが岡公園(館林市)にて↓