←トップ頁へ

和名 シダレカツラ
漢字表記 枝垂れ桂(
別名・異名
古名
語源 和名は、枝が枝垂れるカツラの意から。/属名は、Cercis(=ハナズオウ属)とphyllon(=葉)の合成語で、葉形がハナズオウに似ていることから。/品種名は「下垂した」の意。
学名 Cercidiphyllum japonicum f.pendulm
英名
仏名
独名 撮影地:小石川植物園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 カツラ科カツラ属 撮影者:東京都 中村利治様
園芸分類 落葉高木  
用途 庭園樹/公園樹  
原産地 日本  
花言葉  
解説 カツラは、カツラ科の落葉高木である。本種は、カツラの枝垂れを見せる品種である。樹高は20m以上にも及ぶ。葉は心臓形で、細い柄をもち、対生する。裏面は粉白色で掌状脈がある。樹皮は灰褐色。夏の新緑、秋の黄葉が美しい樹木である。掲載した写真に見られるように、本種の枝は長く下垂する。 
履歴 カツラ属は、地質時代の白亜紀~第三紀にかけて北半球各地に繁茂していた古い属である。
シダレカツラは早池峰山麓で発見さている。その蘖が盛岡市の龍源寺に移植され、更にその蘖を移植したものが同市の「門の枝垂れ桂」である。これらは大正13年(1924)に国の天然記念物の指定を受けている。 
県花・国花 盛岡市ではカツラを「市の木」としているが、上欄に記した内容からも「シダレカツラ」を意味しているものと推測される。 
古典1  
古典2  
季語  
備考 中国では「桂」は、ニッケイ或いはモクセイを指す。